Tag Archives: 青蓮院

東山花灯路

東北関東大地震で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。

京都では東山花灯路に代わり「復興への祈り」としてイベントが開かれています。
昨日見に行ってきました。

人出は少なかったのですが、外国人の方の姿も見受けられます。
被災地方面から京都に旅行に来られる方もいらっしゃいます。

こういう時こそ、わざわざ京都まで来た頂けているのは本当にありがたいことだと思います。
今できる最高のおもてなしをしなければいけないなと思いました。

東山花灯路

東山花灯路 竹筒の明かり

梅の活花とライトアップ

青蓮院では、桂由美氏による「京絞りエキシビジョン」が開かれていました。
パリで行われたオートクチュールコレクションで発表された作品の凱旋展です。

京絞りエキシビジョン

京絞りエキシビジョン

京絞りエキシビジョン

青蓮院の庭。被災者の追悼のため本堂では法華経全28巻が絶え間なく読まれています。

青蓮院の庭ライトアップ

青蓮院の紅葉とライトアップ

京都で庭があってお奨めの寺社はどこですかと聞かれたら「青蓮院」(しょうれんいん)と答えています。店長一押しの観光スポットがこの青蓮院です。

実は紅葉の季節に限らず、昼間もライトアップも何れの季節も味わえるお寺です。
天台宗の門跡寺院で皇室に関わりが深く、歴代の天皇が祀られています。
また、国宝の青不動が祀られています。先日特別公開がありましたが、秘仏とされており、普段は目にすることができません。

今回はライトアップの様子。紅葉は控えめです。時期がずれたのか、赤々とした紅葉はありませんでした。「青」のお寺なのでこれもよしとしてください。

その昔、京都御所を改修する際に、天皇が一時的に青蓮院で暮らされたこともあり、小御所として残されています。

青蓮院の小御所

青蓮院の床の間

青蓮院庭のライトアップ

青蓮院の紅葉は、やはり青々としてました。(時期が来れば、ちゃんと赤くなります。念のため)
青蓮院の紅葉

青蓮院門跡「青不動」のご開帳へ

先週の日曜ですが、青蓮院門跡で国宝の「青不動」を見たレポートを記します。

「青不動」、平安時代の最高峰の仏画といわれています。とても、力強い絵です。背中には炎が描かれていますが、良く見ると7羽の火の鳥になっています。

不動明王は天台宗では大日如来の化身とされ、崇拝されています。青・黄・赤・白・黒の5色に描かれ、青は最高位とされます。

東京に住んでいた頃、たまたま散歩コースに「目黒不動」があり、縁日には無意識にお参りしていました。これもご縁か、青不動、と目「黒」不動、にお参りできたので、残りのお不動さんにもお参りしたいと思います。

さて、そのうちの黄不動は三井寺に祀られているのですが、その写し(写しでも国宝)が曼殊院で明日12日まで公開されています。行きたいけど、行けるかなぁ・・・

青蓮院の宸殿 歴代天皇を祀っています
青蓮院

立派な楠が境内に5本生えていて、天然記念物に指定されています。
青蓮院のクスノキ

お札を納めるようになっていて、せっかくの機会なので着物の復興を祈願しました。
青蓮院で着物の復興を祈願

青不動の写真は撮れないのでごめんなさいね。

「花灯路」青蓮院から円山公園を歩く

昨晩、花灯路へ。青蓮院から円山公園まで歩きました。
月曜日ですが思ったより人出がありました。

まずは、青蓮院の夜間特別拝観へ。青蓮院は天台宗の門跡寺院で御所が火事にあった際に仮御所としても使われました。大きなくすのきが印象的な庭には御所同様に右近の橘、左近の桜が植えられています。ライトアップは少々仕掛けが多すぎの感もありますが、庭の違った魅力を楽しませてくれます。

さて、見学が終わった後、円山公園へ向う。学生による灯りの作品や現代いけばなが並び、なかなか賑やかで楽しいです。ディズニーランドとは一味違いますが、落ち着いているけどワクワク感があります。観光客の人たちも皆さん楽しんでる様子でした。

私が見たのはもう数年前なのですが、イベントとして年々洗練されて来てると思います。時間なく、高台寺方面は回れなかったので次の機会に。

花の灯篭
花灯路

青蓮院の横の道にて、大きなクスノキがあります。
青蓮院の横の道

青蓮院庭の上を登ったところの神社と竹やぶ
青蓮院の上の神社と竹やぶ