Tag Archives: 歌舞伎

南座の顔見世

師走の伝統行事、南座の「吉例顔見世興行」。12/22に観てきました。
今年は東京の歌舞伎座が改装工事中とのことで、例年に増して東西の一流の役者さんが集っています。

まぁ、今の話題は、なんといっても海老蔵さんですよね。
残念な事件(?)で、顔見世は降板となりましたが、代役の仁左衛門さんと愛之助さんが良かった。

南座顔見世まねき

演目は下記です。

■昼の部
 羽衣(はごろも)
 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)寺子屋
 阿国歌舞伎夢華(おくにかぶきゆめのはなやぎ)
 伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)沼津

■夜の部
 外郎売(ういろううり)
 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)七段目 祗園一力茶屋の場
 河庄(かわしょう)
 鳥辺山心中(とりべやましんじゅう)
 越後獅子(えちごじし)

実は、昼夜通しで見てきました。朝10:30開演で、終演は夜の10:40、12時間超の長丁場。高いチケットはとても買えないので、一番安い4等席(3階席の一番後ろ)をゲット。舞台もよく見えるので、十分です。

私はもちろん着物で見に行ったのですが、周りを見るとやはり着物でいらっしゃる方多いですね。男の着物の方も少しですがいらっしゃいました!!嬉しいですね。

さて、良かったのは昼の2幕目、「寺子屋」。
そして、昼の部4幕目、仁左衛門さん、我當さん、秀太郎さん3兄弟の舞台「沼津」。おじいさん役の我當さんと仁左衛門さんの掛け合いが、なんとも滑稽で面白い。兄弟のきずなを感じるとても温かくいい舞台でした。

夜の部は愛之助さんが務めた歌舞伎十八番「外郎売」。いや~、早口のセリフ。良く覚えられるし、良くしゃべれるなぁ~。いかにも荒事なシーンは本来、海老蔵が似合うのでしょうが、愛之助さんも素晴らしい活躍でした。

さて、丸一日、十分に楽しみました。でもこれだけ長丁場だと、さすがにお尻が痛くなってきました。そして幕間に運動しないと、エコノミークラス症候群になりそうです^^;。

海老蔵の義経千本桜を昼夜通しで

昨日、AKOYA兄さんの会で南座にて義経千本桜鑑賞、それも昼夜通しです!

海老蔵すごく良かったです。第二幕、知盛が海に飛び込む最期のシーンが印象的。でも彼はいがみの権太のような図太く悪い役がよくはまっている感じです。なので、反対に狐役は妙にかわいかったのが面白かったです。でも、大詰めの立ち廻りと宙づりの場面は見事!思わず大向こうを掛けたくなりました。

南座

朝11時から夜9時まで、昼夜通しての鑑賞は初めてでした。お尻痛くなるなぁと覚悟していたのですが、意外に大丈夫。なにより舞台がよかったので気になりませんでした。

それにしても、座って見るだけでも大変なのに、丸一日演じて、それを1か月間続ける海老蔵は、すごい!!(ちょっと上から目線で)見直しました。というか、役者魂を心底感心しました。

歌舞伎座に行きました

うまく仕事の都合が付いたので、初の歌舞伎座へ。
昼の部を観てきました。
歌舞伎座って南座と比べると、舞台も客席も大きいですね~。

歌舞伎座の幕

演目は以下、
・暫(しばらく)
・寿猩々(ことぶきしょうじょう)手習子(てならいこ)
・加賀鳶(かがとび)
・戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)

暫、海老蔵の「しばらく~」と遠くから聴こえる声が格好良かった。

猩々はオリジナルは能ですが、やはり能楽と歌舞伎では趣が異なりますね。

加賀鳶、終幕の捕物劇、どんな荒々しい場面になるのかと想像していたのですが、ドリフのコント的展開に意表を衝かれた感あり。面白かったです。

戻駕色相肩、「常磐津」というのを初めて意識して聴きました。人間国宝、常磐津一巴太夫の記事が先日、日経新聞に連載されていて、興味を持ったのがきっかけです。幕が開いて「一巴太夫!」と大向が掛かるのがさすがですね。

南座「顔見世」に行きました

昨日、南座へ顔見世、昼の部を観に行ってきました。
せっかくなのでキモノで。

歌舞伎って実は今まで縁がなく今回初体験。
日本の文化だしやはり知っておかねばと。

いよいよ開演。
まず最初の印象・・
きれい!衣裳も綺麗し、所作の型がすばらしく美しい。
そして、面白いですね。本当に楽しめました。

ただ、より知っていた方が深く楽しめるなというのは感じました。
第二幕の「八陣守護城」って長編の途中一部のみを抜粋して演じられていて、主役が既に毒を盛られた後のシーンから始まっていることを知らないと、何のことやら。

でも、今回は事前に通の方から情報を得ていたのと、歌舞伎講座で話を聞いていたので、理解が深まりました。
イヤホンガイドはあえて借りませんでしたが。パンフレットが役立ちました。

第一幕「正札附根元草摺」実に綺麗でした。お囃子と動きがぴったり合うのがすばらしい。

第三幕「藤娘」事前に眠たくなるよ、と言われていたものの、全然眠くならず。藤十郎さん随分お年なのに、実に可愛く見えるのはさすがですね。

第四幕「梶原平三誉石切」これが一番面白かったですね。いかにも歌舞伎らしくって。いい。

第五幕「ぢいさんばあさん」人情味のある分かりやすい劇。海老蔵の悪態をついて斬られる役も印象的。

歌舞伎これからはまりそうです。

南座のまねき
南座顔見世まねき

南座顔見世まねき

歌舞伎