Tag Archives:

天神さんの梅と津軽三味線の会

3月になりました。おとといですが、着物のお出掛け会で北野天満宮へ。 天候が心配でしたが、日が差すと暑いくらいの良い天気でした。梅の花もちょうど見ごろ。ほのかな梅のかほりが心地よいです。

天神さんの梅

北野天満宮の梅

天神さんを着物で散策

天神さんの後は、町家カフェに移動して、津軽三味線のライブ。ビートを刻む撥に、ロック魂を感じる音が格好いいですね~!

津軽三味線の演奏

着物で北野タンゴ利酒会

昨日、きものお出かけ会しました。前夜までの大雨はすっかり上がり、おかげさまで良い天気でした。

まずは町家、ぎゃらりぃ澤でのタンゴのコンサート。タンゴ、熱い!いいですね。真央ちゃんのエキシビションで使われたことのある「ポル・ウナ・カベサ」3回転半できそうなパワーのある演奏で素晴らしかったです。

タンゴ演奏会

次に、北野の天神さんへ。しばらく暖かかったためか、梅ほぼ満開で見頃です。膨らんだつぼみもかわいくて、美味しそう。

北野天満宮の梅

梅のつぼみ

そのあと、利酒会へ。今回は、マスターのヨラムさんに、兄弟のお酒を利き比べるというテーマで熟成させたお酒など10種類を出してもらいました。

利酒会

1.加賀鳶 翔(金沢)
2.加賀鳶 藍(金沢)
3.常きげん(加賀)
4.常きげん5年熟成(加賀)
5.どぶろく山廃一段仕込(三重)
6.杉錦 5年熟成(静岡)
7.米しずく花垣 5年熟成(福井)
8.秋鹿 純米無濾過原酒7号酵母雄町(大阪)
9.美田 13年熟成(福岡)
10.三井の寿(福岡)

日本酒とヨラムさん

同じ銘柄でも、熟成によって随分味が変わるものですね。私の好みは「加賀鳶 藍」。純米大吟醸だけあって、さわやか系、青の印象な味でした。もう一つ、熟成のお酒では「常きげん5年熟成」が良かった。ちょっと癖のある味ですが、飲んでいるとほんとに癖になりそうな味でした。

お集まりいただいた皆様、ありがとうございました。

蕎麦・梅・桃を味わってみる

昼に蕎麦を食べに「竹邑庵太郎敦盛」へ向う。東京にいた頃は「もり蕎麦」が好きで毎日のように食べていたのですが、京都に帰ってからはご無沙汰。だいたい「もり蕎麦」という言葉自体京都ではあまり聴きません。海苔の乗った「ざる蕎麦」の方が一般的。

私は食べ方としては、ほとんど薬味を入れず、つゆもほとんどつけないのが好みで、ネギも最後の最後に輪切りの3枚ほどを入れるだけです。今日はもり蕎麦に相当する「追っかけ皿そば」を頼む。ネギが山盛り出てきたので驚きました。おつゆが甘めでとろっとして深みのある味です。こういうお蕎麦の食べ方もおいしいですね。

帰りに御所の梅林と桃林に寄って帰りました。天気もよく梅がほのかに香り
良い散歩になりました。桃は3枚目の写真のように、まだつぼみでした。

竹邑庵太郎敦盛は「椹木町通烏丸西入る下る」

敦盛そば

御所の梅

桃のつぼみ

御所の梅は咲いたが桜はまだかな

荒神口にある法務局に行く用事があり、雨降りの中、近道なので御所を横断する。
以前ご紹介した「祐井」の梅が咲いてました。
御所の梅の見所としては、蛤御門を下がったところに梅林があるのですが、そろそろ見頃なのかな、と思いつつ、本日は足が伸ばせず・・・またの機会に。

話し変わって・・・
京都の人は一般的に「御所(ごしょ)」と呼びますが、普段歩き回れる場所は、正しくは京都御苑(ぎょえん)。江戸時代には公家屋敷が並んでいた土地になります。京都御所は一般公開の時にしか参観できない塀に囲まれた中枢部分のこと。

どういう訳か、地元の人は本来の京都御所を「紫宸殿(ししんでん)」と呼びます。でも本当の紫宸殿は「京都御所内にある、寝殿造りの建物群の中心の建物、正殿」を指します。中学校の時、マラソン大会の練習で、紫宸殿一周~とかありました。イヤでした^^;

管轄はお役所らしく縦割りで、御所は宮内庁、御苑は環境省です。

定義と通称がアンマッチなので、ご参考に。私は通称に沿って御所と呼びます^^

御所の梅

祐井の梅
祐井の梅

天神さんで早咲きの梅を観る

今日は25日なので初天神です。
北野天満宮へ行って参りました。

良く晴れて寒さは幾分収まったものの風は冷たく、それでも多くの人で賑わい天神日和でした。

天満宮の神使とされる牛は丑年だけあって大人気です。老若男女ご利益を授かろうと、なでまくってます。私も最近切れが悪くなってきているので頭が冴えるよう、なでなで・・

もう、早咲きの梅が咲いていました。多くはつぼみがふくらみ、春の兆しを感じます。来月頃が見頃でしょう。

天神さんの梅

天神さんの牛

北野天満宮