Tag Archives:

原谷の桜

京都を彩るサクラ。いよいよ終盤の季節です。今日のお昼(ちょうど太陽がのぞいたときに)、原谷苑まで行ってきました。

原谷苑は一面の枝垂れ桜が見どころです。

原谷苑の桜

午前中天気が悪かったにもかかわらず、ちょうど訪れたタイミングに合わせて青空が広がりました。
原谷の枝垂れ桜

既に見ごろを迎えており、おそらく今日までがピークでしょう。この後、午後から雨が降ったので散ってしまったのじゃないかなぁ。
桜とツツジ

春なのに、赤色のカエデ。ノムラカエデというそうです。夏は一旦緑色になって、秋にまた赤になるそうです。奥に見えるのは桃色の桜。露出を上げて撮ると、現代アートの水墨画調になりました。
ノムラカエデと桜

青空と緑と桜。
青空と緑と桜

春の草花の集い。あおぞらと、山吹と緑と桜が仲良くキレイです。
春の集い

この原谷苑ですが、金閣寺の裏手、鷹峰の裏にあり、山奥でかなり不便な場所です。京都の人もなかなか行くことが少ないのでは。実は私も今日が初めてでした。お越しの際は自家用車は停めるところがなくNGなので、タクシーまたは市バスでどうぞ。

龍安寺の桜

龍安寺は枯山水の石庭で有名ですが、実はこの庭に枝垂れ桜の木があります。この時期だけ咲くしだれ桜を見てきました。

龍安寺の桜

普段シンプルな庭の中に、この春の一時期だけサクラで彩られるのは、なかなかいいものですね。
いつも静かな庭の「石」も、桜の季節は嬉しいんじゃないかな、なんて思います。
龍安寺石庭の石と桜

庭の裏側の土塀から見ると、こんな感じで桜が見えます。
土塀と桜

紅葉の葉っぱが芽吹いてきています。まだかわいいですね。赤く小さく見えるのが紅葉の花だそうです。
紅葉の若葉

庭に落ちたツバキと桜
庭に落ちたツバキと桜

お寺の池の周りも桜が咲いています。
龍安寺の池の桜

六角堂の桜

今日は仕事で六角堂近辺に出かけました。
天気も良く着物+羽織で歩いていると暑いくらいでした。
六角堂横のスターバックスで休憩。暑かったのでアイスコーヒーです。

窓の側の席に座るとちょうど六角堂のかわいいサクラが見えて、いい光景でした。
六角堂の桜

おみくじが沢山結ばれた柳も芽吹いています。
柳の新芽とおみくじ

本堂前の様子。柳の新緑がまぶしく美しいです。
六角堂の本堂前

御所の桜と桃

京都御所の近衛邸あたりの枝垂れ桜が見ごろを迎えています。ここ近衛邸の桜は毎年早咲きです。
近衛邸あたりの枝垂れ桜

桜だけでなく桃園のモモも満開でした。いい天気で日差しを浴び花が輝いて見えました。春が来たのを感じます。

桃園のモモの花

桃の花

モクレンの花も満開で綺麗です。
モクレンの花

これは何のお花かな?丸くてかわいいです。
白い丸い花

新しい緑が芽吹いています。
松の新しい芽

絶品の御室桜

今年の桜も大詰め、遅咲きで有名な御室の仁和寺の桜が満開になりました。ここの桜は低木なので、花の海に囲まれた気分になります。桜の香りがほのかに漂い(桜の花の香りってあるのですね~)、今年一番の素晴らしい光景でした。

御室の桜

では、御室の桜をご案内!・・・

通りに面した大きな二王門を入ると桜の世界が広がります。仁和寺では三門ではなく二王門と呼ぶそうです。(仁王ではなく二王と書く)
御室仁和寺二王門

淡い桃色が印象的な中門。ここをくぐると左手に御室桜が一面に開けます。
仁和寺中門

御室桜は低木なので桜に包まれた感じになります。桜の海から覗く五重塔が美しいです。
御室桜と五重塔

芝生にはタンポポが咲いていて、なごみます。
桜とタンポポ

五重塔のそばには、日差しを浴びてツツジが鮮やかに咲いてました。
五重塔とツツジ

帰りに中門から二王門を振り返った風景。紅白幕が華やかでお花見気分を盛り上げてくれますね。
中門から二王門を眺める

御室桜の見頃は市内より1週間くらい遅く、例年は4月中旬(15日前後)頃が目安です。

歴代天皇の愛でた左近の桜

御所の一般公開が始まりました。天皇の座した紫宸殿前の左近の桜が盛りは過ぎたものの満開でした。

これが歴代の天皇が愛でた桜なのか、おそらく日本で一番の桜なんだろうな、と感慨にふけったのですが、詳しい人に聞けば近年枯れて、平成10年に植え替えられたものだそう。なんだ、残念・・・。でもこの紫宸殿の桜、ということに意味があるように思います。

京都御所紫宸殿の桜

紫宸殿を望む

近衛邸付近で写真を撮っていたら、はらりと花びらが。(今日は着物じゃなかったので一応お断り。)
あまりにもきれいで捨てるのも惜しく、かといってしばらくすれば色が変わるので、美味しそうなうちに食べちゃいました^^;桜餅の味がするのかなとちょっと期待しましたが、そんなはずもなく、淡い淡い味でした。

御所の桜。山桜だと思います。
御所の桜

桜の花びら

高台寺の桜

一昨日、清水寺の後高台寺へ。
高台寺は紅葉が有名ですが、桜の様子も見に行きました。

方丈前庭です。枝垂れ桜が立派です。
高台寺の枝垂れ桜

高台寺の枝垂れ桜

おしまい。高台寺は紅葉で有名ですが、桜は残念ながらこれだけです。お庭には桜の木はありませんので写真は省略します。やはり高台寺は秋が一押しです。

朝の清水寺の桜

先日のライトアップに続いて、朝に清水寺に行きました。ライトアップもいいですが、やはりお日様が当たる日中の桜がきれいだなと思います。

紅葉の季節ともまた一味違う、清水寺ノ風景をお楽しみください。

清水寺の玄関、仁王門をくぐった辺りです。
清水寺三重塔と桜

階段を上がった左手には鐘楼があって、ちょっとした写真スポットです。
清水寺の鐘楼と桜

春の清水の舞台からみた景色

春の清水の舞台

奥の院から右下には音羽の滝が流れている様子が見えます。
奥の院と音羽の滝

奥の院と桜、紅葉と比べると優しい印象を受けます。
奥の院と桜

地主神社から撮った写真。秋も同じ構図で撮りました。
春の地主神社から

奥の院から見た清水の舞台です。四季それぞれに異なった味わいがあります。
清水の舞台

清水の舞台下、四季を通して長い年月大きなお寺とたくさんの人々を支えてます。すごいね。
桜と清水の舞台

ライトアップも同じようなアングルで写真を撮りました。出口付近の池から三重塔を見上げてみました。
三重塔と桜

インクラインから南禅寺の桜を見る

昨日の醍醐寺の帰りです。蹴上に立ち寄りインクラインから南禅寺を歩きました。
このあたりの桜は明治の疎水工事以降近代に植えられたものなので、一般的なソメイヨシノが咲いています。

青空がとてもきれいです。
桜の咲くインクラインに沿って歩く

インクラインのレールは幅が広いです。鉄道の軌道の倍ほどあります。
インクラインのレールと桜

インクラインを下から見るとこんな感じで傾斜が分かります。疎水の舟が行き来できない高低差をインクラインで運んだそうです。
インクラインの傾斜

この春の時期は疎水に十石船が運行されているようです。まだ乗ったことがありませんが、いいですね。
疎水の舟

そのまま、南禅寺へ歩きました。
石川五右衛門の絶景かなで有名な、南禅寺の三門です。下から眺めても絶景かなですね。
桜と南禅寺三門

南禅寺法堂と桜。
南禅寺法堂と桜