Tag Archives: 日本酒

日本酒バー「よらむ」で利酒会をしました

昨日日本酒バー「よらむ」で利酒会をしました。
皆さん着物でのご参加。カウンターだけの小さなお店なのですが、総勢10名、おかげさまで満員御礼でした。

日本酒バーよらむ

今回は味わいの異なる9種類のお酒を幅広く出してもらいました。
順番に飲んで味を比べ、自分の好みを探してみようという趣旨です。

今回のレパートリーは下記9種類。
珍しい銘柄出してねと頼んでいたので、ご存じないお酒も多いのでは。
◆冷酒
鷹勇/たかいさみ(鳥取)=端麗・辛口
白露垂珠/はくろすいしゅ(山形)=生酒、甘めでフルーティー
醍醐/だいご(千葉)=甘いけど酸味
杣の天狗/そまのてんぐ(滋賀)=うすにごり、生原酒
香取/かとり(千葉)=精米90%の原始的製法、荒々しく酸味のある味
◆常温
樽平/たるへい(山形)=杉の樽で醸造、白ワインのような木の香り
金寶自然酒/きんぽうしぜんしゅ(福島)=甘め
◆古酒
千代/ちよ(奈良)=11年熟成、紹興酒のような色と香り
華鳩貴醸酒/はなはときじょうしゅ(広島)=喩えようのない香りと甘さ

私の好みは、
「杣の天狗」華やかさで生酒特有のシュワっとした感じがおいしかったですね。
そして「華鳩貴醸酒」あまり飲んだことのない味で時間が濃縮された贅沢なお酒です。おつまみのチェダーチーズと良く合いました。

よらむさん曰く「いろいろな味があるので人により好みが分かれるもの、それぞれの違いを楽しみながら、自分の好みの味を見つけて楽しむのが良い。」とのこと。なるほど、9種類飲み終わってから、皆さん順番に好みを発表したのですが、種類が結構ばらけいたのが面白かったですね。

マスターは外国出身の方なので、おそらく古来の日本酒の概念とは異なった角度から、味わい方を提案してくれており、それが日本酒の魅力を一層引き立ててくれているのかと思います。