Tag Archives: 千本釈迦堂

千本釈迦堂の大根炊き

いよいよ『冬』という気候になってきましたね。
大根炊きが千本釈迦堂で行われました。「大根炊き」と書いて「だいこだき」と読みます。

毎年、師走になるとこのニュースが新聞テレビで報道されます。映像で見ると湯気が上がったあつあつの大根は、いかにも美味しそう。いつも食べたいなぁ~と思いながら、今まで一度も食べたことがありませんでした。そこで、今年は一念発起(というほどでもないですが)西陣郵便局に寄ったついでに、千本釈迦堂へ向かいました。

千本釈迦堂の大根炊き

このお寺、北野天満宮の近く、上七軒の北にあるのですが、普段はひっそり、私もほとんど訪れたことがありません。ちょうど昼ごはんにいいな、と思ったのですが、皆さん同じこと考えてるんですね。さて、お寺に着くと大行列です、うわ~、・・・

千本釈迦堂の大根炊きの行列

・・・大根ゲットまで45分掛かりました。

結構大きな大根、たっぷり入ってます。大根丸一本の半分ぐらいあるのじゃないかな。美味しー。(熱燗があればなお良かった~)そして、一番のご利益は厄除け。大根に梵字を書いて奉納されたものが振る舞われているのです。これで、無事に年が越せるかな。

大根炊き

ちなみに初日(昨日)はガラガラだったとのこと。たぶんみんなTVか新聞見て来るのでしょうね。来年食べたいなと思った方は、覚えておいてくださいね。初日がお奨め。12/7、8の二日間、10時~16時です。器持参で持ち帰りも可能、早い時間なら梵字の書かれた生大根も分けてもらえます。

まだ少し秋の名残、紅葉も残ってました。
大根炊きと名残の紅葉

京都に戻って1年が経ちました

京都に帰ってきてちょうど1年になりました。呉服業で本当にやって行けるのか1年で見極めると言っていたのが1年前。もう戻れないところまできました^^;当時と大きく変わったことはキモノって楽しいものだなと思ってきたことですね。呉服業界自体は正直う~ん・・って感じですが、キモノ自体は悪くない。というか、なかなか面白い。ここまで来たからには、このままやって行こうと思います。

さて、本日ちょっと用事のついでに、昼御飯に「鳥岩楼」の親子丼を食べる。甘めでやや濃いめの味付け。山椒が良く効き風味が良い。シンプルで美味しいです。水炊きのベースになる鳥のスープが付いてます。
東京は人形町の「玉ひで」の親子丼が有名ですが、値段と待ち時間を考えると鳥岩楼が私は好きかな。かつては大阪北新地「万ん卯」の親子丼が絶品で良く食べたのですが、数年来ご無沙汰です。

その後、千本釈迦堂から北野天満宮にお参りし家路につく。

千本釈迦堂 12月に行われる「大根炊き」が有名
千本釈迦堂

天神さんの梅、目白押しなくらい、めじろがいました。
梅とめじろ

鳥岩楼の親子丼(鳥岩楼:五辻通智恵光院西入る)
鳥岩楼の親子丼