Tag Archives: 冷泉家

冷泉家

京都御苑の北、同志社大学の一角に、冷泉家(れいぜいけ)があります。この冷泉家の敷地は江戸時代から変わらず現存する、唯一の公家屋敷だそうです。

冷泉家

烏丸今出川の東行きバス停、さらに東に行ったところが冷泉家の入口です。昔々私の小さい頃、御所と同志社の間に家があって、門は閉ざされてて、誰のお家なのかなと思ってました。(立ち退きを拒んだのかな、なんて思ったり・・^^;。大変、失礼しました。小学校で近所の歴史を、教えてくれたら よかったのなぁ・・・)本当は由緒正しい公家屋敷で、全く反対で京都御苑と同志社が後からできたものだったのですね。

烏丸今出川の交差点

さて、藤原定家ゆかりの冷泉家は和歌に関わりが深く、藤原定家が編纂した古今和歌集(国宝!)がここの文庫に収められているそうです。この文庫の白壁は、火災から守れるように厚さは八寸とか。八寸といえば名古屋帯を想像すると、どれだけ分厚いかが実感できます。

写真は撮れなかったので、外観だけご紹介。門には玄武が飾られています。これは御所から見て北に位置する冷泉家に、四神相応で北を守る神の玄武を置いたそうです。

冷泉家の玄武

文庫の壁ではないのですが、今出川の白壁。 冷泉家の白壁