Tag Archives: パワースポット

貴船の紅葉

鞍馬から叡電で一駅、貴船口へ。小型の京都バスに乗って貴船へ向かいました。

さてこの貴船(きぶね)という地名、その昔は「木船」「貴布祢」と称されたという説や、「気」が生まれるいわゆるパワースポットなので「気生嶺」「気生根」と書くという説や、この地まで「黄船」に乗って来て祠を祀ったからという説や、いろいろあって面白いです。

貴船神社

まずは、貴船神社の本殿へ。ほうきを逆さにしたよう形の桂の木のご神木をはじめ、立派な木が多いです。水が湧くのでパワースポットというのは分かる気がします。

貴船神社の大木と紅葉

貴船神社の紅葉

本殿から先、奥ノ宮へ向かいます。この辺りは料理旅館が多く、夏場は川床料理(鴨川の床とは違う)で有名ですが、高級なのでなかなかご縁もなく。でも、いつかは泊まってみたいなと思いながら、奥に進みます。

貴船の料理旅館

ご縁と言えば、結社(ゆいのやしろ)という縁結びのお社がありました。あらゆる縁を結んでくださる神様とあり、仕事もプライベートも良いご縁がつながり、貴船の料理旅館でゆったりできるようになりたいものです。

結社

さて、奥宮へ。小雨がパラパラしていたのですが、本殿にお参りしていると雨が強くなってきました。仕方なくお社でしばしの雨宿り。いつの間にか誰もいなくなり、ひっそり、でもしっとり、なんとなく神秘的な雰囲気になりました。雨もすぐ止み、短い間でしたがちょっとした神秘体験でした。(これぞパワースポット効果かな)

貴船神社、奥宮

貴船神社 奥宮の本殿

貴船に来られたら、ぜひ奥宮までお参りください。

高山寺

西明寺の次は高山寺へ。清滝川に沿ってさらに10分程奥に進みます。すると国道と合流し少し進むと三度目の朱色の橋があり、これを渡ると、高山寺への参道が見えてきます。このあたりは栂尾(とがのお)と呼ぶそうです。

さて、この高山寺。「夢日記」で有名な明恵上人ゆかりのお寺。明恵上人はかつて河合隼雄氏の著書「明恵夢を生きる」を読んで特に興味を持ちました。

開山堂

見どころは、国宝の石水院。明恵上人の学問所だったとか。山々を眺めながら、すこしまったりと過ごせます。

石水院

このお寺にはもう一つ国宝があり、あの有名な鳥獣戯画を見ることができます。展示されているのはレプリカと思いますが、おお、この絵、見たことある!とちょっとうれしくなります。写真は案内の看板。

鳥獣戯画

ちょっと色づいた紅葉。

高山寺のちょっと色づいた、紅葉

木々の向こうに見える金堂。古いお寺だけあって、大きな木がいっぱいあります。空気も濃く今流行のパワースポットのように感じます。 高山寺

金堂の紅葉はあおあおとしてました。

金堂

一首、いい歌が思いつきました。

 あおあおや あおあおあおや あおあおや
 あおあおあおや あおあおもみじ

あかあかやつき・・ でしたね明恵上人の歌。パチってしまいました。

11月は入山料500円が必要。石水院に入るにはさらに別料金600円が必要です。ちょっと高くつきますがご留意ください。(お寺の維持管理も大変だと思うので拝観料にご理解とご協力を)

京都の秘境パワースポット「空也滝」

京都市内にもこんなところがあるとは。今日、清滝の奥の「空也滝」に行ってきました。場所は、嵐山から化野念仏寺をさらに奥に清滝へ、そこからさらに山奥に進んだところにあります。

空也滝

普段は旅行の方と同様に歩きとバス・地下鉄を心掛けているのですが、今回はさすがに無理なので「原チャツアー」してみました。

清滝までは京都バスが通っており、タクシーや自家用車でも清滝川の橋付近までは行けます、が、そこから歩きになります。

私はそのまま原チャでGO!。一応舗装されていますが、ところどころ荒れています。小さな軽自動車なら辛うじて通れる幅。自転車はママチャリだと無理だと思います。

道、合ってるのかな・・・と少々不安に思いつつ、進みました。すると月輪寺への分かれ道となる、少し開けたところが現れました。見ると「空也滝」の文字が、よし!。ここに原チャに置き、ここからは山登りです。坂道は石段になってます。

5分ほど登ると、住居のような建物が。道合ってるのかな・・・と、またまた不安に思いつつ、進むと、赤い鳥居が!くぐると「空也滝」が現れました。感動の光景です。

空也滝

滝の横には不動明王が祀られ、ここが修行の場であることがわかります。滝のしぶきが霧になり、マイナスイオンで満たされてとても心地よい空気です。

不動明王

清滝のバスターミナルから原チャで10分、徒歩だと1時間程、そこから山道をさらに5分です。歩きだとかなりの距離ですので、ハイキングの準備をして向かってください。苦労しないとたどり着けない、(といいつつ、原チャという一番楽な方法でアクセスしましたが)京都の秘境、でした。

動画撮りました。手振れしてますが、雰囲気は味わえるかと思います。

鞍馬寺パワースポット

昨日鞍馬寺へ。山奥なので涼しいことを期待したのですが、大間違い。雨が降った後だったので、とても蒸し暑く大変でした。

鞍馬寺への入り口、山門です。
鞍馬寺山門

ケーブルに乗らず山道を歩き、本堂へ向かう。まず現れたのは、鞍馬の火祭で有名な由岐神社。ここはすごいですね。立派な杉の木が立っていて、神聖な空気を感じました。

由岐神社
由岐神社

由岐神社の大木
由岐神社の大木

さらに続く山道
鞍馬寺への山道

さらに山を登り、ようやく本堂へ到着。すると、本堂前にちょっとした行列ができてました。どうやら本堂前の三角の石が、パワースポットって評判のようです。パワースポット、ブームですね。

鞍馬寺本堂

ここがパワースポットらしく、行列が。
鞍馬寺パワースポット

天狗には会えませんでしたが、私も少しパワーがもらえたかなと思います。

なお、鞍馬山は相当な山道なので、着物で登るのはとても無理です。(私もこの日は洋装でした)。天狗のように、一本歯の下駄だと登れるのかも知れませんが十分お気をつけて。ケーブルを使えば無理じゃないのですが。(ケーブル山上駅からもお寺までは少々階段があるのでご注意ください)

鞍馬寺からの風景
鞍馬寺上からの風景

時間と体力に十分余裕があるなら、ぜひ由岐神社に立ち寄ってもらいたいので、歩いて登られることをお奨めします。