聞香体験しました

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

かねてから興味のあった聞香体験に、西本願寺前の薫玉堂へ。

香りを楽しむだけでなく、「香りでゲーム」をする、というのがなんとも雅です。もともとゲーム好きなので、ワクワクします。今回は、沈香(じんこう)、伽羅(きゃら)という香木を3種用いて、何番目と何番目が同じ香りか、あるいは異なるかを当てるゲーム、三種香。

香道というだけあって、本来はきちんとした作法があるのですが、体験なので難しいことは省略。それっぽく真似ています。

さて、香りを嗅ぎました(聞きました)が、う~ん。微妙~。

聞香体験

3つの香りを聞き「1番と2番が同じ、3番目が違う」と思ったので答えを記す際、下記のような香の図を記します。(携帯では文字化けするかも)

この香の図には「春、隣家の梅」という名前が付いています。源氏香の図は有名ですが、このようなちょっとした図にも粋な名前が付いてることに、感激しました。

そして、結果は・・残念ながらハズレ。難しい。

香木

聞香、楽しいです、またやってみたいですね。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">