青蓮院門跡「青不動」のご開帳へ

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の日曜ですが、青蓮院門跡で国宝の「青不動」を見たレポートを記します。

「青不動」、平安時代の最高峰の仏画といわれています。とても、力強い絵です。背中には炎が描かれていますが、良く見ると7羽の火の鳥になっています。

不動明王は天台宗では大日如来の化身とされ、崇拝されています。青・黄・赤・白・黒の5色に描かれ、青は最高位とされます。

東京に住んでいた頃、たまたま散歩コースに「目黒不動」があり、縁日には無意識にお参りしていました。これもご縁か、青不動、と目「黒」不動、にお参りできたので、残りのお不動さんにもお参りしたいと思います。

さて、そのうちの黄不動は三井寺に祀られているのですが、その写し(写しでも国宝)が曼殊院で明日12日まで公開されています。行きたいけど、行けるかなぁ・・・

青蓮院の宸殿 歴代天皇を祀っています
青蓮院

立派な楠が境内に5本生えていて、天然記念物に指定されています。
青蓮院のクスノキ

お札を納めるようになっていて、せっかくの機会なので着物の復興を祈願しました。
青蓮院で着物の復興を祈願

青不動の写真は撮れないのでごめんなさいね。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">