歌舞伎座に行きました

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

うまく仕事の都合が付いたので、初の歌舞伎座へ。
昼の部を観てきました。
歌舞伎座って南座と比べると、舞台も客席も大きいですね~。

歌舞伎座の幕

演目は以下、
・暫(しばらく)
・寿猩々(ことぶきしょうじょう)手習子(てならいこ)
・加賀鳶(かがとび)
・戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)

暫、海老蔵の「しばらく~」と遠くから聴こえる声が格好良かった。

猩々はオリジナルは能ですが、やはり能楽と歌舞伎では趣が異なりますね。

加賀鳶、終幕の捕物劇、どんな荒々しい場面になるのかと想像していたのですが、ドリフのコント的展開に意表を衝かれた感あり。面白かったです。

戻駕色相肩、「常磐津」というのを初めて意識して聴きました。人間国宝、常磐津一巴太夫の記事が先日、日経新聞に連載されていて、興味を持ったのがきっかけです。幕が開いて「一巴太夫!」と大向が掛かるのがさすがですね。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">