南座「顔見世」に行きました

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、南座へ顔見世、昼の部を観に行ってきました。
せっかくなのでキモノで。

歌舞伎って実は今まで縁がなく今回初体験。
日本の文化だしやはり知っておかねばと。

いよいよ開演。
まず最初の印象・・
きれい!衣裳も綺麗し、所作の型がすばらしく美しい。
そして、面白いですね。本当に楽しめました。

ただ、より知っていた方が深く楽しめるなというのは感じました。
第二幕の「八陣守護城」って長編の途中一部のみを抜粋して演じられていて、主役が既に毒を盛られた後のシーンから始まっていることを知らないと、何のことやら。

でも、今回は事前に通の方から情報を得ていたのと、歌舞伎講座で話を聞いていたので、理解が深まりました。
イヤホンガイドはあえて借りませんでしたが。パンフレットが役立ちました。

第一幕「正札附根元草摺」実に綺麗でした。お囃子と動きがぴったり合うのがすばらしい。

第三幕「藤娘」事前に眠たくなるよ、と言われていたものの、全然眠くならず。藤十郎さん随分お年なのに、実に可愛く見えるのはさすがですね。

第四幕「梶原平三誉石切」これが一番面白かったですね。いかにも歌舞伎らしくって。いい。

第五幕「ぢいさんばあさん」人情味のある分かりやすい劇。海老蔵の悪態をついて斬られる役も印象的。

歌舞伎これからはまりそうです。

南座のまねき
南座顔見世まねき

南座顔見世まねき

歌舞伎

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">