愛宕念仏寺

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

嵯峨野紅葉シリーズの最後は愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)です。愛宕山(あたごさん)と同じ字ですが、「おたぎ」と読みます。天台宗のお寺です。

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

読み方が気になったのでちょっと調べてみたのですが、愛宕(おたぎ)の名の由来は、平安時代よりもさらに昔、東山の鴨川近くを愛宕(おたぎ)郡と呼んでいたのが始まり。奈良時代にこの東山の愛宕の地に建てられたので、愛宕寺(おたぎでら)と呼ばれるようになったそうです。その後鴨川の氾濫で流されたりなどあったそうですが、復興を繰り返しながら、大正時代になって、愛宕山(あたごさん)の麓である嵯峨野に移されました。愛宕山(あたごさん)とは漢字は同じですが、由来の違いが読み方の違いとして表れているのですね。

このお寺の見所は、境内に並ぶ千二百羅漢。今は苔生して寂びた雰囲気がありますが実は比較的新しく、昭和56年から1200人の参拝者の手により彫られたものです。

愛宕念仏寺の羅漢さんと紅葉

色々な表情の羅漢さんがいらっしゃって、お顔を見るのも楽しいです。

穏やかな表情の羅漢さん

千二百羅漢像

本堂と紅葉

愛宕念仏寺の本堂と紅葉

愛宕念仏寺

嵯峨野をより深く山奥に入るので気候が涼しいためか、紅葉は少し枯れつつありましたが、この枯れた感じが良く似合うお寺です。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">