宝筐院

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

宝筐院(ほうきょういん)へ。平安時代に白河天皇によって建てられ、現在は臨済宗のお寺。清凉寺の西隣にあります。

小さな敷地のお寺ですが庭一面の紅葉が見事です。

宝筐院の紅葉

石畳を紅葉に覆われた中進みます。

宝筐院の紅葉を散策

宝筐院の紅葉と本堂

宝筐院の本堂でまったりと過ごす

宝筐院の紅葉

宝筐院の紅葉

このお寺、もともとは善入寺という名前でしたが、八代将軍足利義政の時代に、二代将軍足利義詮(よしあきら)の院号である宝筐院に名が改めたそうです。当時は隆盛だったものの、応仁の乱後衰退し、幕末には廃寺となりましたが、大正時代に復興されました。

お寺のホームページで紹介されていますが、紅葉の時期以外は様々な四季の花が楽しめるようです。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">