高山寺

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

西明寺の次は高山寺へ。清滝川に沿ってさらに10分程奥に進みます。すると国道と合流し少し進むと三度目の朱色の橋があり、これを渡ると、高山寺への参道が見えてきます。このあたりは栂尾(とがのお)と呼ぶそうです。

さて、この高山寺。「夢日記」で有名な明恵上人ゆかりのお寺。明恵上人はかつて河合隼雄氏の著書「明恵夢を生きる」を読んで特に興味を持ちました。

開山堂

見どころは、国宝の石水院。明恵上人の学問所だったとか。山々を眺めながら、すこしまったりと過ごせます。

石水院

このお寺にはもう一つ国宝があり、あの有名な鳥獣戯画を見ることができます。展示されているのはレプリカと思いますが、おお、この絵、見たことある!とちょっとうれしくなります。写真は案内の看板。

鳥獣戯画

ちょっと色づいた紅葉。

高山寺のちょっと色づいた、紅葉

木々の向こうに見える金堂。古いお寺だけあって、大きな木がいっぱいあります。空気も濃く今流行のパワースポットのように感じます。 高山寺

金堂の紅葉はあおあおとしてました。

金堂

一首、いい歌が思いつきました。

 あおあおや あおあおあおや あおあおや
 あおあおあおや あおあおもみじ

あかあかやつき・・ でしたね明恵上人の歌。パチってしまいました。

11月は入山料500円が必要。石水院に入るにはさらに別料金600円が必要です。ちょっと高くつきますがご留意ください。(お寺の維持管理も大変だと思うので拝観料にご理解とご協力を)

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">