森村泰昌「絵写真+The KIMONO」展 北野恒富作『婦人図』高島屋ポスターに扮す

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

月曜日に日本橋の高島屋で森村泰昌氏の新作展「絵着物+The KIMONO」を見てきました。森村氏は自らモナリザや三島由紀夫に扮した写真で有名。私はこの方のちょっと毒のある作品がとても好きで最近、展覧会を良く見に行ってます。

今回の題材は、おそらく見たことある方も多いと思う高島屋のポスター北野恒富『婦人図』。これに森村氏が扮装。このほか、竹内栖鳳作『アレ夕立に』の着物など、いくつかの着物をわざわざ染めて仕立てて撮ったそう。

森村泰昌の北野恒富『婦人図』

全6種、横に並ぶと少しポップアートな様でもあり、素晴らしい。思わず、ニヤリとしてしまいました。

森村泰昌氏の婦人図

作品のために作られた着物は呉服コーナーに実物が飾られており、実際に売られてました。値段聞いたら、おおよそ100万円ほど。お金ある方は森村さんの様にポートレート、チャレンジしてみてはいかがでしょう、笑。
写真は、竹内栖鳳の『アレ夕立に』とその再現版着物。

竹内栖鳳の『アレ夕立に』とその再現版着物

8月に新宿、12月に大阪の高島屋を巡回するらしく、着物ファン、森村ファンはぜひ。

写真は図録から拝借。あんまり載せると著作権の問題がありますが、ぜひ実物を見に行って頂きたいので雰囲気が伝わる程度に、ご紹介しますね。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">