廬山寺のキキョウ

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

桔梗で有名な廬山寺です。紫式部はこの地で源氏物語を執筆したと言われています。ただ当時からお寺があったのではなく、紫式部の時代は堤邸と呼ばれた邸宅。鴨川の堤に接していたから「堤邸」と呼ばれたとか。秀吉の時代にお寺が移され廬山寺となったそうです。

蘆山寺の桔梗

廬山寺

紫式部の石碑があります。

紫式部の石碑

キキョウは7月半ば頃がちょうど見頃。(写真を撮ったのは7月22日)キキョウの花は長持ちするので8月になった今もまだ綺麗じゃないかと思います(たぶん)。エ霞を苔でかたどった庭に(おそらく紫式部にちなんだ)紫色のカワイイ花が一面に咲いています。

桔梗

廬山寺の名は中国の廬山にならったものだそう。字は「廬山寺」が正解。盧山寺や蘆山寺じゃないのです。(パソコンの字が細かいと分かりにくいですね)

お庭がメインの小さなお寺なので、見学される方は隣の京都御所の他、相国寺や下鴨神社を併せて見学されるのがお薦めです。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">