南座の顔見世

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

師走の伝統行事、南座の「吉例顔見世興行」。12/22に観てきました。
今年は東京の歌舞伎座が改装工事中とのことで、例年に増して東西の一流の役者さんが集っています。

まぁ、今の話題は、なんといっても海老蔵さんですよね。
残念な事件(?)で、顔見世は降板となりましたが、代役の仁左衛門さんと愛之助さんが良かった。

南座顔見世まねき

演目は下記です。

■昼の部
 羽衣(はごろも)
 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)寺子屋
 阿国歌舞伎夢華(おくにかぶきゆめのはなやぎ)
 伊賀越道中双六(いがごえどうちゅうすごろく)沼津

■夜の部
 外郎売(ういろううり)
 仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)七段目 祗園一力茶屋の場
 河庄(かわしょう)
 鳥辺山心中(とりべやましんじゅう)
 越後獅子(えちごじし)

実は、昼夜通しで見てきました。朝10:30開演で、終演は夜の10:40、12時間超の長丁場。高いチケットはとても買えないので、一番安い4等席(3階席の一番後ろ)をゲット。舞台もよく見えるので、十分です。

私はもちろん着物で見に行ったのですが、周りを見るとやはり着物でいらっしゃる方多いですね。男の着物の方も少しですがいらっしゃいました!!嬉しいですね。

さて、良かったのは昼の2幕目、「寺子屋」。
そして、昼の部4幕目、仁左衛門さん、我當さん、秀太郎さん3兄弟の舞台「沼津」。おじいさん役の我當さんと仁左衛門さんの掛け合いが、なんとも滑稽で面白い。兄弟のきずなを感じるとても温かくいい舞台でした。

夜の部は愛之助さんが務めた歌舞伎十八番「外郎売」。いや~、早口のセリフ。良く覚えられるし、良くしゃべれるなぁ~。いかにも荒事なシーンは本来、海老蔵が似合うのでしょうが、愛之助さんも素晴らしい活躍でした。

さて、丸一日、十分に楽しみました。でもこれだけ長丁場だと、さすがにお尻が痛くなってきました。そして幕間に運動しないと、エコノミークラス症候群になりそうです^^;。

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">