泉湧寺にてちょっと驚きの「観●光」展

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

三十三間堂の後、泉湧寺へ

泉湧寺の入り口の門、ここから境内まで少し歩きます。途中にいくつかある小さなお寺に寄り道しながらの散策がお奨めです。
泉湧寺の門

大門をくぐると大きな仏殿が見えてきます。
泉湧寺仏殿

大門入って左には手、楊貴妃観音像が祀られています。ここには美人祈願のお守りというのがあって、女性に人気だそうです。

楊貴妃観音堂

さて、境内を歩くとちょうど「観●光」展というのが泉湧寺で11/7まで開かれていました。
「観●光」と書いて「かんひかり」と読むそうです。「楽●天」と見た目似てますが、関係ありません。

泉湧寺のお庭に入って・・・

   ・・ん?

 ・・・お庭、に何かいる?
泉湧寺

  ・・・気づきました?

泉湧寺展示

  ・・がーん、、、このオブジェはいったい何でしょう

これはいったい何?

感涙なのか。見てる方も感動で涙が出ます、すばらしい~~

涙が出ます

こちらもありがたい気持ちに。お手て合わせて、南無ぅ~

お手て

後ろから見た図。
シルエット

この作品、ほんとインパクトありました。

一見、お寺にミスマッチな感がありますが、いやいやとても温かくていい作品です。
前衛的な芸術を受け入れるお寺の寛容さもうれしいですね。

さて、紅葉の様子ですが、写真のようにほんのりと赤く色づいている葉もありますが。(楊貴妃観音堂の紅葉。)10/29現在ではまだまだ緑です。
楊貴妃観音堂の紅葉

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">