男物着物の着付け方(男性用)

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

 男物着物の着付けを解説します。
女性用着物の着付け方はこちら

 男性用の着物は女性用と比べてとても簡単です。
慣れれば3分、初めてでも15分ほどで着ることができます。



 さらに、みやこもんでは、全くの初心者の方でも安心してご利用頂けるように、
マジックテープ式の簡単帯を採用しています。
一方で、着なれた向けに通常の角帯もご用意しています。
簡単帯、通常の角帯いずれも結び方を解説します。



 また、普段着物をよく着ている店長直伝の、
キレイに着るためのコツきれいのコツもお伝えします。


準備

お届けする着物セット一式以外に、お客様でご用意頂くもの。

Tシャツ

衿ぐりの大きなTシャツ  Vネックなど衿ぐりの大きいものがお奨めです。

 丸首のTシャツは衿元から見えてしまいますので、お避けください。

 夏場はユニクロのシルキードライのシャツ等がお奨めです。

 冬場はヒートテックなど温熱効果のある肌着をお奨めします。



ステテコ、タイツ

タイツ
ステテコ  夏場はステテコ、冬場はタイツをお奨めします。

 なくても大丈夫ですが、ステテコやタイツをはくと、裾さばきが良くなり歩きやすくなります。

 もし、はだけた場合も安心です。




1、じゅばんを着る

じゅばんを着る
◆Tシャツの上からじゅばんを羽織ります。

衿元から見えないように、TシャツはVネックなど、衿ぐりの大きいものがお奨めです。


◆えり芯をじゅばんの衿に、通しておきます。

(通常、えり芯はじゅばんにセット済みで出荷しています。)



2、じゅばんを着る

じゅばん
◆まず、右側を合わせます。

左右を間違えないようにご注意ください。


3、じゅばんを着る

じゅばん
◆次に左側を合わせます。



4、腰ひもを締める

じゅばん
じゅばん
◆腰ひもを結びます


◆2回くるくると巻いた後、

反対側にひねってひもの間にはさみます



◆これは、結び目がかさばらない結び方です。


◆簡単に、蝶々結びしても大丈夫です。


5、着物を着る

じゅばん
◆着物をじゅばんの上からはおります。


◆じゅばんの袖を、着物の袖の中に収めてください。


6、着物を着る

じゅばん
◆着物の左右の端を持って、前で揃えます。

すると、背中の中心に着物の背縫い(真ん中の縫い目)が揃います。


きれいのコツおしりにぴったりと着物が当たるように、着物を前に引っ張るのがキレイに着るコツです。



7、着物を着る

じゅばん
◆着物の右側を合わせます。

左右を間違えないようご注意ください。


きれいのコツ着物の後ろをおしりにぴったり当てたまま、合わせるのがキレイに着るコツです。


8、着物を着る

じゅばん
◆次に左側を合わせます。


きれいのコツ着物の後ろをおしりにぴったり当てたまま、合わせるのがキレイに着るコツです。


9、ウエストベルトを締める

じゅばん
◆ウエストベルトを締めます。


◆ベルトの場所は、およそ腰骨の位置です。


◆ウエストベルトは一重に巻いてください。長さはアジャスターで調整してください。軽く着物が止まれば大丈夫です。強く締める必要はありません。

じゅばん
◆金具をベルトの輪っかに引っ掛けて固定します。




これで、着物の着付けは完成です。






次は帯を結びます。

ご希望の帯のタイプを選んでください。


着物や浴衣を着たことがない方 着物あるいは浴衣を少し着たことのある方
マジックテープ式の簡単帯

マジックテープ式の簡単帯(入門向け)
角帯

普通の角帯(初級~上級向け)