Category Archives: 着物の似合う京都

着物の似合う京都情報を紹介します。

愛宕念仏寺

嵯峨野紅葉シリーズの最後は愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)です。愛宕山(あたごさん)と同じ字ですが、「おたぎ」と読みます。天台宗のお寺です。

愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

読み方が気になったのでちょっと調べてみたのですが、愛宕(おたぎ)の名の由来は、平安時代よりもさらに昔、東山の鴨川近くを愛宕(おたぎ)郡と呼んでいたのが始まり。奈良時代にこの東山の愛宕の地に建てられたので、愛宕寺(おたぎでら)と呼ばれるようになったそうです。その後鴨川の氾濫で流されたりなどあったそうですが、復興を繰り返しながら、大正時代になって、愛宕山(あたごさん)の麓である嵯峨野に移されました。愛宕山(あたごさん)とは漢字は同じですが、由来の違いが読み方の違いとして表れているのですね。

このお寺の見所は、境内に並ぶ千二百羅漢。今は苔生して寂びた雰囲気がありますが実は比較的新しく、昭和56年から1200人の参拝者の手により彫られたものです。

愛宕念仏寺の羅漢さんと紅葉

色々な表情の羅漢さんがいらっしゃって、お顔を見るのも楽しいです。

穏やかな表情の羅漢さん

千二百羅漢像

本堂と紅葉

愛宕念仏寺の本堂と紅葉

愛宕念仏寺

嵯峨野をより深く山奥に入るので気候が涼しいためか、紅葉は少し枯れつつありましたが、この枯れた感じが良く似合うお寺です。

鳥居本

鳥居本(とりいもと)へ。嵐山から化野念仏寺を越え、さらに清滝方面へ山道を進んだところにあります。

鳥居本

大きな丹色の鳥居が印象的で、これは火の用心の神である、愛宕山神社に続く一の鳥居だそうです。古くから参詣客の茶店が残っており、苔むした茅葺屋根がとても情緒ある風景が広がります。京都の街中では見られない風景ですね。

鳥居本の鳥居

鳥居本の茶屋

平野屋は夏場の鮎料理が有名ですが、元々茶店だけあって「しんこ」というお茶菓子を出してくれます。嵐山からここまで足を延ばすのは大変ですが、たどり着いたらぜひお茶菓子で一服を。そういえばTVでホンダ車のCMで「ちょうどいい!」と、平野屋さんの風景が使われていました。

鳥居本の平野屋

平野屋の鮎料理

苔むした茅葺屋根と紅葉

大根

秋は紅葉がキレイですが、初夏の新緑も美しく、時間に余裕がある方、長時間歩いても大丈夫な方はぜひ足をお運びください。

厭離庵

厭離庵(えんりあん)へ。

あの有名な小倉百人一首を藤原定家が編纂した場所です。元々は藤原定家の山荘であったものを、後年冷泉家が修復し、厭離庵という名の臨済宗天龍寺派のお寺になりました。

厭離庵入口

厭離庵入口

厭離庵の紅葉をまったりと眺める

厭離庵の歌碑

時雨亭という、茶室があります。大正時代に裏千家を手掛ける大工により建てられました。屋根裏は高台寺の傘亭を移したものだそうです。

茶室の屋根と色とりどりの紅葉

茶室の屋根

時雨亭

宝筐院

宝筐院(ほうきょういん)へ。平安時代に白河天皇によって建てられ、現在は臨済宗のお寺。清凉寺の西隣にあります。

小さな敷地のお寺ですが庭一面の紅葉が見事です。

宝筐院の紅葉

石畳を紅葉に覆われた中進みます。

宝筐院の紅葉を散策

宝筐院の紅葉と本堂

宝筐院の本堂でまったりと過ごす

宝筐院の紅葉

宝筐院の紅葉

このお寺、もともとは善入寺という名前でしたが、八代将軍足利義政の時代に、二代将軍足利義詮(よしあきら)の院号である宝筐院に名が改めたそうです。当時は隆盛だったものの、応仁の乱後衰退し、幕末には廃寺となりましたが、大正時代に復興されました。

お寺のホームページで紹介されていますが、紅葉の時期以外は様々な四季の花が楽しめるようです。

清凉寺

嵯峨野の清凉寺(せいりょうじ)へ。嵯峨釈迦堂とも呼ばれ本尊は釈迦如来が祀られています。通常は秘仏ですが申し込みすれば公開してもらえます。

広い敷地に大きな本堂が印象的なお寺です。紅葉スポットは境内には少なく、本堂から回廊で繋がったお庭が見どころです。

清凉寺の回廊から本堂と紅葉を見る

清凉寺の紅葉

清凉寺庭園

清凉寺回廊

清凉寺回廊と紅葉

境内には一切経蔵というのがあり、この中に一切経が収められた大きな厨子を回せば一切経を読んだのと同じ功徳があるとされています。本当に大きく力がいる感じで回しごたえがあります。その分ご利益も大きいのかなと思えるぐらいで。通常は公開されておらず特別な時期に公開されるようです。

清凉寺の本堂

なお、境内に嵯峨野名物を謳った「あぶり餅屋」がありますが、あぶり餅はもともと今宮神社が発祥であり名物のお菓子です。私は小さな頃から氏神さんである今宮神社のあぶり餅を食べてきているので、こちらのあぶり餅は味と触感も少々違和感を感じるものでした。清凉寺のあぶり餅はオリジナルではないよという意味で、念のため記しておきます。

直指庵

嵯峨野の直指庵へ。大覚寺からさらに北に山の麓に進んだところにあります。

直指庵の紅葉

直指庵

直指庵の紅葉、とても綺麗に色付いていました。私が見た中では、この秋一番の美しさです。なんとも、沁みるような美しさ。大覚寺のようなダイナミックで雅な所もあれば、少し離れたこの庵の様に侘び寂びをした場所もあり、京都はいいなとしみじみと思いました。

直指庵本堂

直指庵の紅葉

直指庵つくばい

直指庵の紅葉

直指庵の紅葉

直指庵の真っ赤な紅葉

直指庵の開山堂から眺めた紅葉

直指庵 南天

道場前の庭

紅葉とススキ

直指庵の竹林と紅葉

紅葉と南天

さて、道場の一室に、昭和40年代の古い日記帳(誰でも一言掛けるいわゆるゲストブック)が沢山公開されていました。私の生まれる前の日記。多くの方がこの庵を訪れ、その時の気持ちをしたためたもので、時代は変わって街の様子は変わっても、このお寺の中は今とあまり変わらないのだろうなど、なんとなく昔に思いを馳せ、こういう過去と現在をつなげる日記は、いいものだなと思いました。(私もひとこと記しておきました。ずいぶん先の未来に読み返すこともあるかもしれません)

大覚寺と大沢池

大覚寺と大沢池へ。今回訪れた嵯峨野シリーズの中ではメジャースポットです。ただ大覚寺へは少しアクセスが不便。バスで訪れるか、あるいは嵐山方面からハイキング的な感じで訪れるのがお薦めです。

大覚寺

このお寺スケールが大きく、大沢池の広々とした光景は京都では珍しく、開放感を味わえます。

旧嵯峨御所というだけあって、格の高い建物が印象的です。寝殿造りで左近の梅(桜ではない)右近の橘が配されて、いかにも御所というたたずまいです。京都御所の紫宸殿と比較するのも面白いです。

大覚寺

大覚寺

大覚寺

色付き掛けた南天の葉

色付き掛けた南天の葉

丁度この時期、嵯峨菊が展示されています。紅葉の赤に黄色の菊が鮮やかに映えます。

紅葉と嵯峨菊

紅葉の遅かったので嵯峨菊自体は少し枯れつつありましたが、綺麗な一番見頃の嵯峨菊は先日の日記をご覧ください。

お寺の境内を見学した後は、大沢池(おおさわのいけ)へ。一旦お寺の敷地を出て、池の方に向かいます。チケットは共通で使えるので、ぜひ足を延ばすのを忘れずに。

大沢池と山々の紅葉

鴨が気持ちよさそうに泳いでいます。 大沢池の鴨と紅葉

屋形船

子供と紅葉

子供と紅葉

大沢池を散策

お寺の建物に興味のある方には見ごたえがありお薦めのお寺。写経の道場でも有名で、誰でも般若心経の写経を体験することができます。春は桜のスポットです。どちらかと言えば紅葉よりも桜が有名かもしれませんが、秋は大沢の池周辺の山々が色づき美しい光景を楽しめます。

三宝寺

京都の秘境スポット。次は三宝寺へ。 西寿寺から高雄方面へ少し進んだところにあります。

三宝寺

入口の門から燃えるような紅葉が見えています。 だるまみくじが売られていて、そのだるまが並べられています。

だるまみくじと紅葉

本堂から奥に進み、階段を登ると妙見堂があります。戌の神様で、戌年生まれの方が多くお参りされるそうです。

妙見堂への参道

おばあさんが紅葉の葉っぱを掃除されていました。紅葉も見るだけならいいけれども、手入れや庭の維持、特に落葉の季節は大変だなあと改めて思いました。心ばかりですが、綺麗な紅葉をおおきにと声をかけました。

紅葉の葉っぱを掃除するおばあさん

このお寺の境内には、その昔あまりの美しさに帝が車を返してまで見られたと伝えられる「車返しの桜」という、有名なサクラの木があります。春も楽しみですね。

西寿寺

京都には数々の紅葉の名所がありますが、TVや雑誌で紹介されたりして、有名になった場所は相当な人で混雑します。綺麗で良いのですが、人が多すぎると本来お寺や紅葉が持つ静寂さと相反するのが悩み。そこで、人知れず、ひっそり紅葉を楽しみたいという場合に、どこか良い場所がないかと探してきました。

まずは、泉谷西寿寺(いずみだにさいじゅじ)へ。

西寿寺

仁和寺を越え、福王子神社の交差点から高雄方面へ。1つ目の信号を北に右折、細い道を山奥に入ったところに西寿寺はあります。鳥のさえずりが聞こえるような静かな山裾。

控えめな門をくぐり。階段を上ると本堂が見えてきます。一見お城のようにそびえ立つ形、上層の白い壁が印象的です。

西寿寺の門

本堂横の紅葉が色鮮やかに色付いています。お寺の方に聴くと盛りは2日ほど前だったそうですが、それでも美しい。時間がゆったりと過ぎていく感じです。

西寿寺本堂と紅葉

西寿寺の鐘

北山杉と紅葉

観光寺院ではないので、穏やかに鑑賞しましょう。

叡山電車の紅葉のトンネル

今回の鞍馬~貴船は出町柳から叡山電車で向かいました。

写真は貴船口の駅にて。貴船口の駅では紅葉が綺麗に色づいており、ホームで待っていると、ちょっと絵葉書のような光景が楽しめます。世界の車窓からも顔負けですね。

叡山電車と紅葉

さて、まずは行きの行程から。出町柳から鞍馬に向かう途中、紅葉のトンネルというのがあり、なかなかの見ものです。この区間はスピードダウンして、車窓をゆったり見せてもらえます。叡電は観光列車という訳ではないのですが、こういうゆとりがいいですね。

叡山電車紅葉のトンネル

窓からは紅葉。 叡山電車の窓から見る紅葉

先頭車両の運転席すぐ後ろに立っていると、本当に紅葉のトンネルな風景が楽しめます。これは鞍馬を出て、貴船口にまもなく到着のシーンです。

運転席から見る紅葉

さらに夜間になると紅葉のトンネルがライトアップがされています。車内はライトダウンされ、ディズニーのアトラクションの気分。鞍馬・貴船からの帰り、16:30頃以降に出発するとちょうどライトアップが始まっていいタイミングです。でもライトアップもいいけど、やっぱり昼間見る紅葉がキレイだなと思います。

叡山電車紅葉のトンネルのライトアップ